四九の市

saizi

【四九(しく)の市とは?】

昭和23年(1948)ごろから四と九のつく日に下街道筋に市が立つようになりました。 はじめは下鳥居松(現在の三丁目辺り)にありましたが、昭和29年(1954)に上鳥居松(現在の七丁目辺り)に移りました。 食料品・衣料などの日用雑貨や花や苗木が並べられ、近在からの買い物客で賑わっていました。店の人と客とが値段を交渉し、会話をたのしみながら買い物がで きることが人気で、「鳥居松本通り」は「四九の市通り」とも呼ばれるようになりました。盛んな頃は露天が百軒も出ましたが、最近は数は減ったものの、地元 の根強い人気が残っています。 (春日井の散歩道より)

49

shiku_map